本認証制度のプレス発表を無事に終了致しました。
読売,朝日,毎日,共同通信,NHKなどメジャーなメディア以外に
複数の業界紙など20名を超えるメディア関係者のご参加が得られました。

下記のヨミドクターの記事から,メニュー内容が見られます。
翌日以降,WEBニュースなどで以下のとおり報道されています。

ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180314-OYTET50028/
読売新聞
https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0315513471/
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180315/k00/00e/040/207000c

報道関係者各位     プレス発表のご案内 終了しました


どこでも,誰でも,栄養バランスの良い食事 が選べる社会をめざして
「健康な食事・食環境」認証制度が はじまります


2018年4月より,外食・中食・事業所給食で,「健康な食事(通称:スマートミール)」を継続的に,健康的な環境で提供する店舗や事業所を認証する新しい制度がはじまります。

この制度は,厚生労働省の「日本人の長寿を支える『健康な食事』のあり方検討会」報告を受け,平成27年9月に健康局長通知として示された「生活習慣病予防その他の健康増進を目的として提供する食事の目安」をふまえ,複数の学術団体で独自に基準を設定して認証を行うものです。

店舗・事業所で提供される健康的な食事,すなわち,健康に資する要素を含む栄養バランスのとれた食事の通称は,一般から公募し,スマートミール Smart Mealとなりました。このスマートミールを,健康情報の提供や,受動喫煙防止の観点から店内禁煙(店内の喫煙専用室の設置不可、中食は非該当)という,健康的な食環境で提供する店舗・事業所を認証します。

審査・認証は,栄養および生活習慣病関連の複数学協会から構成される「健康な食事・食環境」コンソーシアムが担当します。

コンソーシアム 参加団体:
日本栄養改善学会,日本給食経営管理学会,
日本高血圧学会,日本糖尿病学会,日本肥満学会
日本公衆衛生学会,健康経営研究会


本事業のねらいは,栄養バランスの良い食事の選択をしやすい環境を整えることで,生活習慣病予防,高齢期のフレイル予防につなげ,日本人の健康寿命の延伸に寄与することです。
企業が進める健康経営を,食生活の面から応援することにもなります。

プレス発表の内容は、以下の通りです。 ぜひ、ご出席ください。

日 時:
平成30年3月14日(水) 11:00~12:30
場 所:
女子栄養大学 駒込キャンパス 5F 松柏軒レストラン
東京都豊島区駒込3-24-3
内 容:
1.「健康な食事・食環境」認証制度の概要
2.「健康な食事・食環境」認証基準と,その根拠
3.スマートミールの試食(女子栄養大学松柏軒調製)
4.3月以降の先行実施店舗,事業所の紹介
出席者:
コンソーシアムから 日本栄養改善学会理事長 武見ゆかり,
日本給食経営管理学会理事長 赤尾正
サポーター(プロボノ)から  (一社)ラブテリ代表理事 細川モモ,他