スマートミールとは,健康に資する要素を含む栄養バランスのとれた食事の通称です。
スマートミールの基準は,厚生労働省の「生活習慣病予防その他の健康増進を目的として提供する食事の目安」(平成 27 年9月)や日本人の食事摂取基準(2015年版)等を基本とし,さらに給食会社4社の実際のヘルシーメニューの献立分析を行って決定した基準であり,料理・食品の構成は以下のとおりです。

    1 
エネルギー量は,1食当たり450~650 kcal未満(通称「ちゃんと」)と,650~850 kcal(通称 「しっかり」)の2段階とする。
    2 
料理の組み合わせの目安は,①「主食+主菜+副菜」パターン ②「主食+副食(主菜,副菜)」パターンの2パターンを基本とする。
    3 
PFCバランスが,食事摂取基準2015年版に示された,18歳以上のエネルギー産生栄養素バランス(PFC%E; たんぱく質13~20%E, 脂質20~30%E, 炭水化物50~65%E)の範囲に入ることとする。
    4 
食塩相当量は,「ちゃんと」3.0 g未満,「しっかり」3.5 g未満とする。
    5 
牛乳・乳製品,果物は,基準を設定しないが,適宜取り入れることが望ましい。
    6 
特定の保健の用途に資することを目的とした食品や素材を使用しないこと。

なお、上記 5 については、スマートミールとして牛乳・乳製品、果物の基準量は設定していませんが、これらの食材をスマートミールの一部として用いた場合は、スマートミールの基準の総エネルギーやPFCバランス、食塩量に納める必要があります。
なお、牛乳・乳製品,果物の提供に関するオプション項目21と22は、スマートミール以外での提供についてチェックする項目です。

1食あたりの提供エネルギー量(2段階)による分類

①「主食+主菜+副菜」パターン
項 目  「ちゃんと」 450~650kcal未満 「しっかり」 650~850kcal
主食 ・飯,めん類,パン
(参考:飯の場合は,1食当たり150~180 gが目安)
・飯,めん類,パン
(参考:飯の場合は,1食当たり170~220 gが目安)
主菜 ・魚, 肉, 卵, 大豆製品:(参考)60~120 g ・魚, 肉, 卵, 大豆製品:(参考)90~150 g
副菜1(付合せ等) ・野菜, きのこ, いも, 海藻:140g以上 ・野菜, きのこ, いも, 海藻:140g以上
副菜2(小鉢、汁)
食塩 ・食塩相当量:3.0g未満 ・食塩相当量:3.5g未満

注)副菜は,副菜1を主菜の付合わせ等とし副菜2を独立した小鉢とする方法,或いは副菜1と副菜2を合わせて1つの大きな副菜とする方法など,メニューにより自由に工夫をしてよい。


② 「主食+副食(主菜, 副菜)」パターン
 項目 「ちゃんと」 450~650kcal未満 「しっかり」 650~850kcal
主食 ・飯,めん類,パン
(参考:飯の場合は,1食当り150~180 gが目安)
・飯,めん類,パン
(参考:飯の場合は,1食当り170~220 gが目安)
副食
(主菜、副菜(汁))
・魚, 肉, 卵, 大豆製品:(参考)70~130 g
・野菜, きのこ, いも, 海藻:140g以上
・魚, 肉, 卵, 大豆製品:(参考)100~160g
・野菜, きのこ, いも, 海藻:140g以上
食塩 ・食塩相当量:3.0g未満 ・食塩相当量:3.5g未満